トップ

ヒアルロン酸豊胸術

豊胸には様々な種類がある

大きな手術は怖い人の豊胸法

「大きな胸」「豊かな胸」に憧れている人は多いのではないでしょうか。マッサージや食べ物に気を付けている人もいるかと思いますが、これには即効性がありません。即効性と確実性を考えるなら、やはり豊胸手術がおすすめです。

<豊胸手術のさまざまな種類について~人工乳腺法>

豊胸手術には、いくつかの種類があります。
そのうちの1つが、「人工乳腺法」と呼ばれるものです。これはシリコンを、その名前の通り、乳腺の付近もしくは大胸筋の下部に入れる、というものです。自分好みの胸が作れるということが、この人工乳腺法の大きなメリットです。
別名「プロテーゼ挿入法」、もしくは「インプラント」、「シリコンバック豊胸法」と呼ばれています。

中に入れるものの品質によって安全性が異なります。また、医師の腕次第ですが、傷が目立つリスクもあります。

<脂肪注入によるもの>

脂肪注入によるバストアップは、非常に自然な仕上がりができることがメリットです。また、クリニックにもよりますが、自分自身の脂肪を「脂肪吸引」でとったあと胸に入れなおすことができるため、体のラインを細くする手術と一緒に豊胸手術を行うこともできます。

「ボディライン全体を整えたい」「たとえ安全性が担保されているものであっても、体のなかに異物をいれるのは怖い」と考えている人の場合は、この脂肪注入による豊胸手術がよいでしょう。

この方法は、かつてしこりができやすいというデメリットがあると言われていました。また、現在でも、あまりにも大きな胸を作ることは難しいと言われています。なぜなら、体からとることのできる脂肪の量には限界があるからです。